八戸前沖さばと串焼き「ごっつり」

青森県産直送郷土料理の究極立ち呑み

青森仕込みのおもてなし

その想いが「ごっつり」に込められている


「ごっつり」とは?

「ごっつり」とは青森県南部地方の方言で、「満足気な笑顔や表情=にんまりした表情」を意味します。 青森料理を愛する青森県八戸市出身のオーナーが、ご来店いただいた全てのお客様に「ごっつり」していただけるようにとの思いを込めて名付けました。そんなオーナーだからこそ、食材へのこだわりは人一倍!本物の青森料理を提供するために直接青森から仕入れた厳選食材を、その日のうちに丁寧に仕込み、新鮮な状態でお客様の前にお出しします。炭火で焼くからこそ旨い!ご友人やご家族で、炭火を囲んで楽しく食べるからこそ旨い!お店の中がたくさんの「ごっつり」であふれるようなメニューとサービスを、そして「食の安全」と「おいしい」をお手軽な価格でお届けします。「炭火焼ごっつり」で、最高の「ごっつり」青森料理を楽しんでください!



「ごっつり」のこだわり

東京で食べられるのは「ごっつり」だけ!八戸が育てた「ブランドさば」

八戸前沖の水温が下がる秋口から冬の期間に獲られ、八戸港に水揚げされたさばだけが名乗ることを許される貴重な ブランドさば。八戸前沖の冷たい海と豊富な餌によって育まれたさばは脂ののりが抜群!「青森料理の専門居酒屋 炭火焼ごっつり」は八戸前沖さばの県外 PRショップとして認定。東京でこの八戸前沖さばを食べられるのは「ごっつり」だけです!刺身で良し!焼いて良し! 「日本一脂がのったサバ」とも言われる美味しさを是非ともご堪能ください!です。

鶏本来の旨味が味わえる!みちのくの大自然が育んだ「こだわりの鶏」

平成2年、青森県畜産試験場養鶏部によって、最高品質の肉用地鶏を目指し、研究・開発され誕生したのが青森料理の代表素材「青森シャモロック」。肉のきめが細かく、濃厚な味わいをもつ青森県原産の横斑シャモ「在来種由来血液百分率」100%が父親で、肉質に優れ、ダシがよく出る横斑プリマスロック「在来種由来血液百分率」50%が母親。どっちの料理ショーに2度出演し、2度とも優勝するという快挙を成し遂げた特選素材。

日本一美味しいニンニクで育った和牛!A5ランクの「田子牛・田子豚」

日本一美味しいニンニクで有名な青森県田子町で飼育されている和牛と和豚。青森料理にはかかせない食材です。なんと餌は、田子のニンニクと名水百選にも選ばれている湧き水で、広大な土地で伸び伸び育てられている。年間数百頭しか出荷されておらず、「まぼろしの和牛」とその評価は高い。栄養価も一般の家畜より高く、特に田子豚のビタミンB1は2倍で、味にも甘みがある。田子牛はA4、A5ランクの特上品で国内でも最高品質のもの。



メニューの紹介

定番メニュー《一部紹介》






チェーン店に負けない理由

大手チェーンがハバをきかせている日本。。。どこにいっても同じような味ばかりで味気ない!だから「ごっつり」では、「ごっつり」にしかできない料理にこだわっております! 朝一番で仕入れてきた新鮮な素材を、全てその日に「手」で仕込んでいます。店のオープン時間16:00まで、ひたすら仕込んでいます。もちろん料理も全て手作り。焼き物はオーダーが入ってから焼き上げるので、少しお時間はかかってしまいますが、電子レンジ調理には負けません。手仕込みだからこそ、利益がそこにあります!